お客さま本位の業務運営宣言

FD宣言:フィデューシャリー・デューティー宣言

私たち株式会社セインは、お客さまの声の情報を共有することでお客さまサービスの向上を図り、お客さまの信頼を得られるように努めます。
金融庁から「顧客本位の業務運営に関する原則」(2017年3月30日)が公表されたことも踏まえ、弊社は、お客さま本位の業務運営をより一層推進するために以下の方針を定め実践していく事をお約束致します。

経営理念

  • 一、生損保の販売を通して、お客さまの安心・満足の実現に貢献します。
  • 一、商品の販売にあたっては、法令を遵守し、適正な販売に努めます。
  • 一、お客さまの立場に立ったリスクコンサルティングと商品の説明及び提供に努めます。

「お客さま本位の業務運営」実現のための取り組み

1.金融事業者としての自覚

お客さまに不利益になりうる保険募集を行わないよう、募集の際にお客さまのご意向やご契約に至るお考え、ご契約までの状況について対応記録を作成し保管しております。

2.お客さまの声を業務運営に活かす取り組み

お客さまのご要望に適切にお応えするとともに、お客さまからの「お叱り」「改善要望」「感謝の言葉」等のお客さまの声を大切にさせていただき、今後のお客さまサービス向上につなげていく取り組みを行っております。

3.お客さまとの利益相反の排除等

弊社は、お客さまのご意向に関わらず代理店手数料が高い商品を提案するような行為は行わず、保険会社のキャンペーンやインセンティブ等に左右されるような販売・推奨はいたしません。

4.わかりやすい情報提供

お客さまに理解を深めていただくために専門用語はできるだけ控え、理解していただきやすい言葉での説明を心掛けてまいります。
また、ご高齢のお客さまに対しては「ご親族の同席」「複数回の訪問にての説明」、外貨商品・変額商品に関心をお持ちのお客さまには「為替リスク」「為替手数料」「運用リスク」等を確実にご理解頂く事を徹底しております。

5.お客さま本位の業務運営の浸透に向けて

以上の宣言を遵守するため、各種社内規程等を整備し、適宣見直しを行います。また、日常的なコンプライアンス点検に加え、年1回の保険会社の点検や自己点検を行い、コンプライアンス態勢の維持・向上に努めています。
また、社員全員が高い理念を持ち続け、お客さま本位の業務運営ができる企業文化を根付かせてまいります。

「お客さま本位の業務運営」のためのKPI設定について

私たちは、お客さま本位の業務運営を推進するにあたり、その水準、進捗度、周知度を検証するため、下記のとおりKPIを設定し、一定期間ごとにその内容等をチェックし、改善に努めてまいります。
なお、この検証において、これらの内容が実態にそぐわないと判断された場合については、都度見直しを実施し、さらなるお客さま本位の業務運営に資する内容に変更をしてまいります。

1.お客さまアンケート回答率 25%
2.会議・研修を毎月実施

株式会社セイン
代表取締役 安達正博